江戸時代の学問・教育の総本山「湯島聖堂・昌平坂学問所跡」に行って来ました。場所はJRお茶の水駅の直ぐ側です。

残念ながら、開館時間より早く行ってしまい、時間もないことから外側だけを眺めてきました。

湯島聖堂は元禄時代に5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟だったそうです。1797年には江戸幕府直轄の学問所「昌平坂学問所」となったそうです。

ブラタモリ「神田」によると、明治時代に湯島聖堂博覧会が開催されて名古屋城の「金のシャチホコ」が運ばれて展示されたそうです。

gon101009-2 (2)
gon101009-2 (3)



仰高門。
gon101009-2 (6)



昌平坂。古い石垣が見えました。
gon101009-2 (9)


神田川側。
gon101009-2 (5) 


聖橋と御茶ノ水駅、手前は神田川です。
gon101009-2


聖橋から、緑が多くて都会のオアシスといった感じです。
gon101009-2 (4)


場所

大きな地図で見る