weblogeyecatch1.jpg

ブラザー軒(仙台市一番町)「五目焼きそば」でランチ。

ブラザー軒(仙台市青葉区一番町)は明治35年(1902年)に仙台で創業した老舗です。当時、2階建ての洋風建築と西洋料理というハイカラさが評判で、大変繁盛したようです。昭和40年に横浜中華街から料理人を迎えて中華料理が始まったという歴史があります。
五目やきそば


お店は一番町のアーケード街から裏通りに入った場所にあります。買い物客やビジネスマンも多く利用する場所だと思います。

昔、隣には中華料理の「龍天江」があったと思いますが、紅陽グランドホテル内に移転したようです。建物は解体中でした。


ブラザー軒の建物も少し古くなっていて、歴史を感じさせる雰囲気のある店構えです。地震の影響のせいか、奥の宴会室を利用して営業しているようでした。
ブラザー軒 


「BROTHER KEN」と印刷されたグラスが老舗らしさを演出しています。
ブラザー軒のグラス


中華ランチの「五目やきそば」を注文しました。スープと杏仁豆腐またはマンゴープリンが付いて1050円です。

野菜たっぷり、エビにイカ、豚肉と具の種類が豊富です。麺は細い焼きそば用の麺を軽く揚げてあります。五目やきそばは、麺が揚げてあるのが好みです。揚げていない普通の麺や全てカリカリの麺よりは、軽く揚げてある麺の方が旨味を増すと思います。
gon1111111055 (4)


餡は五目やきそばの王道的な味付けです。味付けがよく、油の具合もちょうどいい感じでした。麺と具がなくなったあとに、残った餡をスープ用のレンゲですくって食べてしまいました。餡だけ食べても濃すぎず、美味しかったです。

見た目、豚肉が固そうでしたが、とても柔らかい豚肉で美味しかったです。片栗粉をまぶしてから調理しているのか、何らかのひと手間を加えて豚肉を柔らかくしているのだと思います。


スープはメカブのスープで青菜が添えられています。とろりとして、しっかり味付けされたスープです。
gon1111111055 (5)


デザートは迷いましたが、杏仁豆腐にしました。添えた果物の甘さも相まって、少し私には甘すぎる杏仁豆腐でした。マンゴープリンにすれば良かったかな。
gon1111111055 (6)



中華料理店にくると、注文することが多いのが「五目やきそば」です。こちらの五目焼きそばは麺の揚げ方や味付けが好みに合っていて、満足のランチでした。


関連ランキング:中華料理 | 勾当台公園駅広瀬通駅あおば通駅

Comments [2]

No.1

餡かけの餡が私の好みの塩っぽくみえてグーです!外観のツタも気になるんですけどね・・・

関連記事

著者: Junya Murakami

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 「由利高原鉄道鳥海山ろく線」(曲沢駅付近)
  • 五百羅漢(遠野市綾織町新里)
  • gon1704DSC09458
  • gon1703DSC00123
  • gon1704DSC09391
  • gon1610DSC06002
  • gon1610DSC05917
  • 熱田神宮

Powered by Movable Type 6.2.4