mt-20171006083002.jpg

緑豊かな北海道大学のキャンパスを散策しました。10月初旬の朝、ポプラ並木やイチョウ並木などの自然、レトロと近代が調和する建築物を見ながら写真散歩です。


大都会の札幌駅付近から、歩いてすぐの場所に自然溢れる北海道大学の広大なキャンパスがあります。


キャンパス内の自然、レトロ建築、近代建築の順に紹介します。

a268c4e09cc835e9140ab50067af563c61f803f3.jpg

mt-20171006082951.jpg

イチョウ並木

紅葉の時期に是非訪れてみたいものです。


mt-20171006084115.jpg

mt-20171006083932.jpg

ポプラ並木

北海道大学と言えば、ポプラ並木でしょうか。第二代学長の息子がアメリカから苗を持ち帰り、当時の教授が植えたものだそうです。2004年の台風で50本あったものが32本に減ったそうです。


mt-20171006083149.jpg

大野池

ここも紅葉時期に訪れたい場所です。本当に美しい池です。
昔、大野教授という方が、どぶ化した池をきれいにしたのが名前の由来。


742f3abe07e20a093a24592112863b7917f0ccc3.jpg

中央ローン

中央ローンと呼ばれる緑地です。


mt-20171006085409.jpg

mt-20171006085346.jpg

古河記念講堂(旧東北帝国大学農科大学林学教室)

1909年に当時の古河財閥の寄付で建てられた林学教室。


mt-20171006085220.jpg

旧札幌農学校昆虫学及養蚕学教室

1901年に建築。札幌農学校当時の遺構。アメリカ式の校舎配置だったそうです。


mt-20171006084914.jpg

mt-20171006084809.jpg

旧札幌農学校図書館読書室・書庫

1902年建築。赤い屋根がかわいらしい旧図書館は、1965年まで中央図書館として利用されていました。


mt-20171006084940.jpg

mt-20171006085057.jpg

農学部本館

1935年に主要部が完成。スパニッシュ様式の重厚感ある建物です。


mt-20171006083041.jpg

mt-20171006082343.jpg

mt-20171006082826.jpg

mt-20171006083253.jpg

mt-20171006082545.jpg

近代建築も自然に溶け込んでいます。


mt-20171006085621.jpg

クラーク像

札幌農学校を創設、初代学長クラーク博士の像。



大都会の真ん中に広大な敷地を有し、自然が豊かな構内です。現在は一般道になっているところも大学構内だったそうです。


自然、レトロ建築、近代建築が見事に溶け込み、本当に美しいキャンパスでした。朝だったこともあり、浅い角度からの木洩れ日が演出する光のコントラストがきれいでした。