weblogeyecatch1.jpg

美味しいもの 一覧

平泉町にある手焼きコーンとこだわりジェラートのお店「KOZENJI CAFE(こぜんじカフェ)」に行って来ました。お店の名前の由来は恐らく一関市の地名「狐禅寺(こぜんじ)」から来ていると思います。以前は一関市狐禅寺で営業していたと思います。

紫色(ブルーベリー色)の移動販売用トラックもあり、一関市周辺のイベント会場で見かけることがあります。

ブルーベリーみるく

続きを読む

室根高原にある「牧場のレストラン」では雄大な高原の景色を眺めながら、生ラムやジンギスカン、いわいどりの焼き肉が楽しめます。
生ラム


続きを読む

久慈の方から頂いたローゼットのチーズブッセは大好きな洋菓子です。
ローゼットのチーズブッセ

続きを読む

盛岡市紺屋町にある「肉の米内」の焼き肉レストラン米内で冷麺を食べました。
冷麺


盛岡市の紺屋町近辺は散策には楽しい場所((盛岡散策-1)中ノ橋通、葺手町、紺屋町と中津川界隈を散策。)です。「肉の米内」は上ノ橋のたもとにある老舗の精肉店です。盛岡市内の有名焼き肉店に肉を卸しているようです。

続きを読む

銘菓「かもめの玉子」で有名な岩手県大船渡市のさいとう製菓は3月11日の東日本大震災で本社が津波に飲まれ、直営店なども被災しました。工場は同市の高台だったために無事でしたが、地震で設備が破損していました。

材料の調達に目途が立ち、「復興の先導役になりたい」と4月7日に一部の商品を生産再開、4月20日には主力商品である「かまめの玉子」の生産を再開しています。

家の子供達も「かもめの玉子」が大好きで、震災前には近所のスーパーでも売ってましたので時々買っていました。

そんな「かもめの玉子」の姉妹品でチョコレート味の「かもめのショコらん」を大船渡の知人から頂きました。
かもめのショコらん

続きを読む

盛岡市中ノ橋通にある『シャトン』で「ベーコンチーズバーガー」を食べました。ホットライン肴町商店街のアーケードから紺屋町方面に中ノ橋通りを渡り、石畳がきれいな旧町名「葺手町」の一角にシャトンはあります。
ベーコンチーズバーガー

続きを読む

神田淡路町老舗そば店『かんだやぶそば』(神田淡路町)で旬のお薦め「かきそば」を食べました。雪が降る寒い中、結構な距離を歩いた後でしたので、温かいそばを選択しました。

明治13年(1880年)創業という老舗です。


かきそば


「かんだやぶそば」周辺は老舗や名店が多く風情がある地区だと思います。「かんだやぶそば」は板塀に囲まれて庭もきれいで料亭のような雰囲気です。その外観から、初めて行くと敷居が高い気もします。
かんだやぶそば


店内も名店といった風情に溢れるお店です。お店の雰囲気を楽しめるのも老舗の良いところだと思います。
注文が入ると独特の口調(口上とも言うべき)で「せいろうぅ いちまいぃ~」という声に続けて店員さん達が繰り返します。

昼間でもお酒を飲んでいる人が多いのも東京の老舗そば屋といった感じを受けました。酒のつまみになりそうなメニューもあります。

『かきそば』は思ったより粒の大きな牡蠣が入り、上品なつゆに牡蠣のエキスが溶け込んでいました。ゆずが乗せられていて、ゆずの香りが効いていました。盛りは少なめですので、あっという間にそばを食べてしまいました。
かきそば


驚いたのは厨房にいる職人さんの多さです。そば屋とは思えない程の人数で調理をしていました。たぶんですが、修行の人も多いのだと思います。

味だけでなく、店の雰囲気を味わえる神田の名店でした。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 淡路町駅新御茶ノ水駅小川町駅


文京区本郷の『FIRE HOUSE(ファイヤーハウス)』で「モッツァレラマッシュルームバーガー」を食べました。東京大学や菊坂に近い春日通り沿いにあります。最寄りの駅は地下鉄丸ノ内線又は大江戸線の本郷三丁目駅です。

春日通りを文京区役所方面に歩いていると、突然、カントリー風外観の『FIRE HOUSE(ファイヤーハウス)』が目に入ります。周りの街並みからすると、かなり目立つ外観です。店内もカントリーです。

「アボガドバーガー」にするか悩みましたが、「モッツァレラマッシュルームバーガー」を注文しました。長い名前なので噛まずに伝えられるか緊張しながら注文しました...。1313円ですから、かなり贅沢をした気分です。普通のハンバーガーも998円です。

ハンバーガーにはフレンチフライとピクルスが付いてきます。ハンバーガーの大きさに驚き、「どうやって食べたらいいの??」と悩んでしまいました。途中で気付いたのですが、ハンバーガーの下に敷いてあった紙でハンバーガーを包んで食べられるようになっていました。
gon110211-6 (3)


バンズは天然酵母パンだそうで、ふかふかで甘みのある美味しバンズでした。特に表面の皮の部分が良かったです。

パテはオーストラリア産ビーフで、ジューシーさは余り無いようですがビーフの味が生かされたハンバーガーらしいパテでした。

メイン具材は、とろりとしたモッツァレラチーズがソテーしたマッシュルームを包みこんでいます。その下にはドレッシングで混ぜたみじん切りの玉ねぎがトマトとレタスに乗っていて、全体のバランスを取っているようでした。この玉ねぎが美味しかったです。
gon110211-6 (4)

美味しいハンバーガーを食べたかった希望が叶い、幸せな時間を過ごしました。

gon110211-6 (2)

関連ランキング:ハンバーガー | 本郷三丁目駅春日駅水道橋駅


一関市青葉の老舗そば屋さん『青葉 直利庵』で「天大もりそば」(970円)を食べました。一ノ関駅前を直進して磐井川に掛かる上ノ橋を渡り、信号を右折した通りにお店があります。駐車場はお店の隣とお店の裏側にあります。

天大盛りそば

11時開店ですが常連さんは11時前に既に入店しています。土曜日の11時頃に行きましたが駐車場もほぼ満車、店内も混みあっていました。その後も続々お客さんが入ってきて、座敷小上がり袖に座って待つ人が出てきます。これもこのお店の風景と言えるのではないでしょうか。

入店したら、お店の奥にあるレジのところで注文して、座る席を自分で探します。相席は当たり前です。

そばは超極太です。うどんだと勘違いしてしまう程です。この様なそばは一関市大東町にある中島屋でも出しています。

大もりそばはボリューム満点です。この太さに加えて長いので非常に食べ難く、お盆にこぼしながら食べました。噛みながら食べるそばです。つゆは甘めですが、飽きて来たら薬味のネギと紅葉おろしを加えて味の変化を楽しみます。
大盛りそば


写真の通り、割り箸と同じくらいの太さです。この独特なそばが故に、好き嫌いがはっきり分かれるところです。好きな人には癖になるそばで、通い詰める常連さんが多いようです。
極太そば


天ぷらは海老が一つとホウレン草が添えられています。これも独特な天ぷらで、海老の3倍程度の衣に包まれていますが、カラッと揚げられた美味しい天ぷらです。
gon110206-1


初めて来店した人は独特のそばに驚くかと思います。癖になる人は癖になり、青葉直利庵のそばは一種のソウルフードと言えるのではないでしょうか。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 一ノ関駅


盛岡市菜園にある『博多 一風堂 盛岡店』で「赤丸」のバリカタを食べました。盛岡の老舗デパート『カワトク』の斜め向かいでホテルニューカリーナの隣にあります。

gon110124 3

この日はお酒を飲んで、夜10時頃にいわゆる〆のラーメンを食べに伺いました。夜には〆のラーメンを食べるお客さんでいつも賑わっている印象があります。

岩手県では博多ラーメンが食べられるお店が少ないと思いますのでチェーン店とはいえ、貴重なお店です。その昔、神奈川の相模原で美味しい博多ラーメンのお店があり、何度か通った事があります(岩手から通ったわけではありません)。そのお店で博多ラーメン独特のストレートの細麺や替え玉、一口餃子を知りました。 懐かしいです...。

赤丸の説明書きには「豚骨スープのコクと風味を追求し、力強く、上質なうま味をシンプルに際立たせた赤丸」とあります。こってり過ぎずに、お酒の後でも食べられるスープでした。

麺は堅さを選びますが、堅い方が好きなので「バリカタ」を選びました。「ハリガネ」というのもあります。ストレートの細麺に具が絡み合ってくる感覚(伝えにくいですが)が好きです。
gon110124 3 (2)

本場でも何店かで博多ラーメンを食べたことがありますが、このお店の味はその地域にあわせているのだと思われます(確認した訳ではありません)。 本場の博多ラーメンに比べてどうか?ということは抜きにして、岩手で博多ラーメンが食べられることは有難いことです。

 

関連ランキング:ラーメン | 盛岡駅

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

  • 準喫茶カガモク
  • gon1610DSC05917
  • ハセ珈琲店 小倉トースト
  • 因島発祥の八朔が入った「はっさく大福」
  • ふるさと納豆
  • gon1509DSC02749
  • 田端銀座商店街
  • つめたい海老天肉中華

Powered by Movable Type 6.2.4