weblogeyecatch1.jpg

散歩・散策 一覧

gon1508DSC00045

ブラタモリ(2015年7月11日放送)『仙台~伊達政宗は「地形マニア」!?~』では、伊達政宗が築いた「四ツ谷用水」を取り上げていました。番組で取り上げた場所を中心に仙台市内を巡ってみました。
仙台散歩としましたが、長い距離は車で移動です。地図は最後に紹介します。

続きを読む

来恩塚

一関市山目の円満寺には、「来恩塚」が建立されています。戦時中に殺されたサーカスのライオンが祀られているのです。

続きを読む

鍛冶橋架道橋
前回の呉服橋架道橋と東京駅をはさんで有楽町側に位置する「鍛冶橋架道橋」です。色は違いますが、築年も形状や長さも呉服橋架道橋とほぼ同じ架道橋が東京駅を守るように挟み込んでいます。

続きを読む


呉服橋架道橋
約100年前に整備された東京市街高架鉄道には、鉄桁の架道橋が13カ所あります。うち7つの橋が100年以上、現役として活躍しています。「呉服橋架道橋」、明治43年(1910)に竣工して、今でも山手線と京浜東北線を現役で渡しています。 東京駅から神田駅に向かう最初の架道橋となります。

続きを読む

第二十五閉伊川橋梁旧川井村(現宮古市)、JR山田線の陸中川井駅と腹帯駅の間にある第25閉伊川橋梁を見てきました。閉伊川の清流と新緑に橋梁の姿が溶け込んでいました。

続きを読む

gon09DSC06179江戸時代、田端は田端村と呼ばれて上田端と下田端に分かれていました。田端文士芸術家村と呼ばれ、菊池寛や芥川龍之介などの文士、芸術家が愛した街です。坂が多く、台地と谷の地形的変化を楽しむこともできます。散歩コースマップは最後に紹介します。

続きを読む

「赤紙仁王尊」(東覚寺金剛力士像)

東覚寺(東京都北区田端)の金剛力士像は全身に赤い紙が貼られています。「赤紙仁王」と呼ばれ、身体の悪い部分に貼って祈願すれば治癒すると、病気平癒の御利益を求めた人が訪れます。

続きを読む

田端銀座商店街
田端銀座商店街は、昭和の面影を感じることができる下町の人情商店街です。

続きを読む

磐井川桜並木 伐採
一関市中心部を流れる磐井川、河川敷には市民に愛される桜並木があります。治水対策のための堤防改修工事により伐採されることが決まりました。現在の桜並木は今年で最後、見納めとなります。

続きを読む

山手線唯一の踏切「第二中里踏切」

東京の象徴と言っては言い過ぎ?かもしれませんが、都心を回る環状線である山手線は東京の足を支える最も重要な路線です。ラッシュ時は運行間隔が2分30秒という頻度で行き交います。そんな山手線には踏切がないと思っていましたが、唯一1カ所だけ踏切があるのです。

続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • mt-20171112190238.jpg
  • mt-20171006083002.jpg
  • 報恩寺(盛岡市那須川町)の五百羅漢
  • DSC03578
  • 明治記念館「旧岩谷堂共立病院」
  • 「由利高原鉄道鳥海山ろく線」(曲沢駅付近)
  • 五百羅漢(遠野市綾織町新里)
  • gon1704DSC09458

Powered by Movable Type 6.2.4