weblogeyecatch1.jpg

タグ「キーワード」の一覧


メインページ(index.html)やカテゴリ別ブログ記事リスト、月別ブログ記事リストなどでブログの記事が増えてきた場合、ページ分割により、例えば5個の記事単位にページ送りできると便利です。

ページの下段に下図のようなページ番号と「次の5件」や「前の5件」という文字でナビゲートしてくれます。エントリー数が増えてきた際には取り入れたいプラグインです。
エントリー分割

それを実現させてくれるのがMovable TypeのPageButeプラグインです。


1.スカイアークシステム社の下記ページからプラグインをダウンロードします。
静的ページ用ページ分割プラグイン:PageBute


2.ダウンロードファイルを解凍。「PageBute.pl」というファイルをMovable Typeの「plugins」ディレクトリにアップします。
 

3.分割したいテンプレート毎に設定します。

≪テンプレートのメインページ≫赤字の部分を書き足す。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries>
<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>


※投稿設定で「表示される記事数」が5となっていれば、5の記事数で折り返す設定をしても意味がありません。「表示される記事数」を1000にしてみました。エントリー数をテンプレート内で指定しても大丈夫です。

gon101110-1


 

≪テンプレートのカテゴリ別ブログ記事リスト≫赤字の部分を書き足す。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries > ※MTEntries タグの limit="$limit" を削除

<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>


≪テンプレートの月別ブログ記事リスト≫赤字の部分を書き足す。青字の部分を書き換る。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries > ※MTEntries タグの limit="$limit" を削除
<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>

 

最後に再構築をして完成です。


メインページ(index.html)やカテゴリ別ブログ記事リスト、月別ブログ記事リストなどでブログの記事が増えてきた場合、ページ分割により、例えば5個の記事単位にページ送りできると便利です。

ページの下段に下図のようなページ番号と「次の5件」や「前の5件」という文字でナビゲートしてくれます。エントリー数が増えてきた際には取り入れたいプラグインです。
エントリー分割

それを実現させてくれるのがMovable TypeのPageButeプラグインです。


1.スカイアークシステム社の下記ページからプラグインをダウンロードします。
静的ページ用ページ分割プラグイン:PageBute


2.ダウンロードファイルを解凍。「PageBute.pl」というファイルをMovable Typeの「plugins」ディレクトリにアップします。
 

3.分割したいテンプレート毎に設定します。

≪テンプレートのメインページ≫赤字の部分を書き足す。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries>
<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>


※投稿設定で「表示される記事数」が5となっていれば、5の記事数で折り返す設定をしても意味がありません。「表示される記事数」を1000にしてみました。エントリー数をテンプレート内で指定しても大丈夫です。

gon101110-1


 

≪テンプレートのカテゴリ別ブログ記事リスト≫赤字の部分を書き足す。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries > ※MTEntries タグの limit="$limit" を削除

<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>


≪テンプレートの月別ブログ記事リスト≫赤字の部分を書き足す。青字の部分を書き換る。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries > ※MTEntries タグの limit="$limit" を削除
<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>

 

最後に再構築をして完成です。


ブログを書くにあたり、Windows Live Writerを使い始めました。この様なブログ投稿ツールからはタグ機能が利用できないことが多いようです。


「KeywordsAsTags」プラグインは、タグを利用できないブログ投稿・管理ツールからタグ登録出来るようになる優れモノです。Ver.0.02はMT4までの対応のようですが、MT5でも動きます。

キーワードに指定した文字列を自動的にタグに変換してくれます。

(インストール方法)
・six apartのMovable Type プラグインディレクトリからプラグインをダウンロード

・ダウンロードした「KeywordsAsTags.zip」を解凍

・「KeywordsAsTags.pl」ファイルを、MTの「plugins」ディレクトリにアップロード

・MTのダッシュボードのシステムからツールの中のプラグインを確認します。「KeywordsAsTags 0.02」が表示されています。
gon101105-2

キーワードに記述した文字列が自動的にタグに変換されます。「;」と「,」と「|」がタグの区切り文字として使用できるようです。空白文字も区切り文字として使用されるようです。


Windows Live Writerのキーワードに「,」で区切って『MT5,MT,タグ,キーワード,プラグイン』の5種類を入れてみました。
gon101105-1


タグに変換されているはずです。はたして??


ブログを書くにあたり、Windows Live Writerを使い始めました。この様なブログ投稿ツールからはタグ機能が利用できないことが多いようです。


「KeywordsAsTags」プラグインは、タグを利用できないブログ投稿・管理ツールからタグ登録出来るようになる優れモノです。Ver.0.02はMT4までの対応のようですが、MT5でも動きます。

キーワードに指定した文字列を自動的にタグに変換してくれます。

(インストール方法)
・six apartのMovable Type プラグインディレクトリからプラグインをダウンロード

・ダウンロードした「KeywordsAsTags.zip」を解凍

・「KeywordsAsTags.pl」ファイルを、MTの「plugins」ディレクトリにアップロード

・MTのダッシュボードのシステムからツールの中のプラグインを確認します。「KeywordsAsTags 0.02」が表示されています。
gon101105-2

キーワードに記述した文字列が自動的にタグに変換されます。「;」と「,」と「|」がタグの区切り文字として使用できるようです。空白文字も区切り文字として使用されるようです。


Windows Live Writerのキーワードに「,」で区切って『MT5,MT,タグ,キーワード,プラグイン』の5種類を入れてみました。
gon101105-1


タグに変換されているはずです。はたして??

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

  • 日本一のツツジの名所「徳仙丈山(気仙沼市)」
  • 風の沢ミュージアム
  • gon1803DSC06348
  • 準喫茶カガモク
  • 湯島天神拝殿
  • 2k540 AKI-OKA ARTISAN
  • 「スーパーブルーブラッドムーン」皆既月食
  • 元朝詣り・浄土庭園ライトアップ

Powered by Movable Type 6.2.4