weblogeyecatch1.jpg

タグ「プラグイン」の一覧


メインページ(index.html)やカテゴリ別ブログ記事リスト、月別ブログ記事リストなどでブログの記事が増えてきた場合、ページ分割により、例えば5個の記事単位にページ送りできると便利です。

ページの下段に下図のようなページ番号と「次の5件」や「前の5件」という文字でナビゲートしてくれます。エントリー数が増えてきた際には取り入れたいプラグインです。
エントリー分割

それを実現させてくれるのがMovable TypeのPageButeプラグインです。


1.スカイアークシステム社の下記ページからプラグインをダウンロードします。
静的ページ用ページ分割プラグイン:PageBute


2.ダウンロードファイルを解凍。「PageBute.pl」というファイルをMovable Typeの「plugins」ディレクトリにアップします。
 

3.分割したいテンプレート毎に設定します。

≪テンプレートのメインページ≫赤字の部分を書き足す。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries>
<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>


※投稿設定で「表示される記事数」が5となっていれば、5の記事数で折り返す設定をしても意味がありません。「表示される記事数」を1000にしてみました。エントリー数をテンプレート内で指定しても大丈夫です。

gon101110-1


 

≪テンプレートのカテゴリ別ブログ記事リスト≫赤字の部分を書き足す。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries > ※MTEntries タグの limit="$limit" を削除

<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>


≪テンプレートの月別ブログ記事リスト≫赤字の部分を書き足す。青字の部分を書き換る。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries > ※MTEntries タグの limit="$limit" を削除
<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>

 

最後に再構築をして完成です。


メインページ(index.html)やカテゴリ別ブログ記事リスト、月別ブログ記事リストなどでブログの記事が増えてきた場合、ページ分割により、例えば5個の記事単位にページ送りできると便利です。

ページの下段に下図のようなページ番号と「次の5件」や「前の5件」という文字でナビゲートしてくれます。エントリー数が増えてきた際には取り入れたいプラグインです。
エントリー分割

それを実現させてくれるのがMovable TypeのPageButeプラグインです。


1.スカイアークシステム社の下記ページからプラグインをダウンロードします。
静的ページ用ページ分割プラグイン:PageBute


2.ダウンロードファイルを解凍。「PageBute.pl」というファイルをMovable Typeの「plugins」ディレクトリにアップします。
 

3.分割したいテンプレート毎に設定します。

≪テンプレートのメインページ≫赤字の部分を書き足す。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries>
<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>


※投稿設定で「表示される記事数」が5となっていれば、5の記事数で折り返す設定をしても意味がありません。「表示される記事数」を1000にしてみました。エントリー数をテンプレート内で指定しても大丈夫です。

gon101110-1


 

≪テンプレートのカテゴリ別ブログ記事リスト≫赤字の部分を書き足す。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries > ※MTEntries タグの limit="$limit" を削除

<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>


≪テンプレートの月別ブログ記事リスト≫赤字の部分を書き足す。青字の部分を書き換る。

<MTPageContents count="5"> ←数字は折り返しの記事数
<mt:Entries > ※MTEntries タグの limit="$limit" を削除
<mt:Ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:Ignore>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
<$MTPageSeparator$>
</mt:Entries>
</MTPageContents>
<MTIfPageBefore>
<span><$MTPageBefore delim="前の5件"$></span>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists$>
<MTIfPageNext>
<span><$MTPageNext delim="次の5件"$></span>
</MTIfPageNext>

 

最後に再構築をして完成です。


ブログを書くにあたり、Windows Live Writerを使い始めました。この様なブログ投稿ツールからはタグ機能が利用できないことが多いようです。


「KeywordsAsTags」プラグインは、タグを利用できないブログ投稿・管理ツールからタグ登録出来るようになる優れモノです。Ver.0.02はMT4までの対応のようですが、MT5でも動きます。

キーワードに指定した文字列を自動的にタグに変換してくれます。

(インストール方法)
・six apartのMovable Type プラグインディレクトリからプラグインをダウンロード

・ダウンロードした「KeywordsAsTags.zip」を解凍

・「KeywordsAsTags.pl」ファイルを、MTの「plugins」ディレクトリにアップロード

・MTのダッシュボードのシステムからツールの中のプラグインを確認します。「KeywordsAsTags 0.02」が表示されています。
gon101105-2

キーワードに記述した文字列が自動的にタグに変換されます。「;」と「,」と「|」がタグの区切り文字として使用できるようです。空白文字も区切り文字として使用されるようです。


Windows Live Writerのキーワードに「,」で区切って『MT5,MT,タグ,キーワード,プラグイン』の5種類を入れてみました。
gon101105-1


タグに変換されているはずです。はたして??


ブログを書くにあたり、Windows Live Writerを使い始めました。この様なブログ投稿ツールからはタグ機能が利用できないことが多いようです。


「KeywordsAsTags」プラグインは、タグを利用できないブログ投稿・管理ツールからタグ登録出来るようになる優れモノです。Ver.0.02はMT4までの対応のようですが、MT5でも動きます。

キーワードに指定した文字列を自動的にタグに変換してくれます。

(インストール方法)
・six apartのMovable Type プラグインディレクトリからプラグインをダウンロード

・ダウンロードした「KeywordsAsTags.zip」を解凍

・「KeywordsAsTags.pl」ファイルを、MTの「plugins」ディレクトリにアップロード

・MTのダッシュボードのシステムからツールの中のプラグインを確認します。「KeywordsAsTags 0.02」が表示されています。
gon101105-2

キーワードに記述した文字列が自動的にタグに変換されます。「;」と「,」と「|」がタグの区切り文字として使用できるようです。空白文字も区切り文字として使用されるようです。


Windows Live Writerのキーワードに「,」で区切って『MT5,MT,タグ,キーワード,プラグイン』の5種類を入れてみました。
gon101105-1


タグに変換されているはずです。はたして??

MTTweetButton(作者 : macminiosxさん)というプラグインを使って、Twitterの公式Tweet Buttonをブログに設置してみました。Tweet Buttonを押すと、ブログの記事やタイトル、URLなどをTwitterに投稿できるようになります。

1.MTQ | Movable Type 5 ユーザーコミュニティの「プラグイン/テーマ」からTwitterを検索すると、数種類のTwitter関係のプラグインが出てきます。

2.その中から「MTTweetButton」を選択して、ダウンロードページ(BSDあれこれ)に行きます。設置方法、利用に関する注意事項をを確認します。

3.ページ下部のダウンロードファイルをダウンロード後に解凍して自分のサーバーにアップロードします。
(1)「MTTweetButton_0.10」の「plugins」の中にある『MTTweetButton』を、Movable type直下の「plugins」にアップロードします。
(2)「MTTweetButton_0.10」の「mt-static」>「plugins」の中ある『MTTweetButton』を、今度はMovable typeの「mt-static」>「plugins」内にアップロードします。
(3)Movable typeのダッシュボードから、ブログのメニュー内にあるツールのプラグインに「MTTweetButton 0.10」と表示されます。

4.Movable typeのダッシュボードから、ブログのメニュー内にあるツールのプラグイン「MTTweetButton 0.10」を開き、設定をクリックします。(※ダッシュボードは設置するブログ(システムメニューではない)のツールのプラグイン「MTTweetButton 0.10」の「設定」)
101007-00.jpg

設定画面が開きます。
101007-01.jpg

MT-Tweet-Button Setting
『Choose your button』:設置するボタンの種類を選択
『Language』:設置するボタンに表示したいの言語を選択
『Add Tweet title』:自分のブログ名など必要であれば設定
『Add Hashtag』:ハッシュタグを同時に投稿したい場合は設定


101007-02.jpg

Recommend people to follow
Twitter accounts
『Your own』:自分のTwitterアカウント
『Related accoun』:必要であれば、他のTwitterアカウント
『Related account description』:必要であれば、Related accountの説明


5.テンプレートを書き換えます。

101007-03.jpg

Tweet Button template tag(テンプレートを書き換えるタグ)
(1)「Tweet Button」を表示したいテンプレートの箇所に<mt:TweetButton />を埋め込みます。
私のテンプレートの場合、デザイン「テンプレート」のテンプレートモジュール『ブログ記事の概要』に埋め込みました。場所は投稿日やコメント数、トラックバック数が表示される下部です。
『ブログ記事の概要』はエントリーアーカイブには反映されない様なので、エントリーアーカイブのテンプレートの同じ場所にも埋め込みました。
101007-04.jpg
<!-- Tweetボタン mixiチェック -->
<div style="text-align:right;margin-bottom:1em;"> 強制的に右寄せにしました。
<mt:TweetButton /><$MTMixiCheck$>   mixiチェックも並べています。
 </div>
<!-- Tweetボタン mixiチェック -->

(2)テンプレート「フッター」等にJava scriptを設置<mt:TweetButtonJS />を追記。
設置方法には「フッター」に設置となっていましたが、mixiチェックの場合はテンプレートモジュールの「HTMLヘッダー」に追記するようなので、同じく「HTMLヘッダー」に追記してみました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

  • 日本一のツツジの名所「徳仙丈山(気仙沼市)」
  • 風の沢ミュージアム
  • gon1803DSC06348
  • 準喫茶カガモク
  • 湯島天神拝殿
  • 2k540 AKI-OKA ARTISAN
  • 「スーパーブルーブラッドムーン」皆既月食
  • 元朝詣り・浄土庭園ライトアップ

Powered by Movable Type 6.2.4