weblogeyecatch1.jpg

タグ「ボタン」の一覧


世界で最も人気あるSNS「Facebook(フェイスブック)」の話題が絶えなかった2010年も過ぎ、重い腰を上げて(ちょっと大げさですが・・・)Facebookの「いいね!ボタン」を設置することにしました。もう遅いか...。

ボタンが多すぎるのも何かと、Facebookの「いいね!ボタン」は設置することを躊躇していました。

Facebookの「いいね!ボタン」はTwitterボタンやmixiチェックなどと同じように良かったサイトなどをSNS内の友達と共有することが出来るボタンです。


Facebookの開発者ページ内Social plugins>Like Buttonから設置するボタンのコードを簡単に発行できます。私のブログでは下記にてコードを発行しました。

・URL to Like:空欄で大丈夫です。

・Layout Style:「button_count」を選択しました。

・Show Faces:チェックを外しました。

・Width:「100」にしました。

最後に「Get Code」ボタンを押すとコードが発行されます。iframe内のコードをメモ帳に貼り付けます。

<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=
http%3A%2F%2Fexample.com%2Fpage%2Fto%2Flike
&amp;layout=button_count&amp;show_faces=false&amp;width=100
&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;height=21"scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:100px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe>


MovableTypeの場合は赤字の部分を
<$MTEntryPermalink encode_url="1"$>
に入れ替えます。

ついでに青字を20にして、Twitterボタンと高さをあわせてみました。

<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=
<$MTEntryPermalink encode_url="1"$>
&amp;layout=button_count&amp;show_faces=false&amp;width=100
&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;height=20"scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:100px; height:20px;" allowTransparency="true"></iframe>


赤字の部分を入れ替えたコードを設置したい場所に埋め込み、再構築をして出来上がりです。



Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグ氏はTimeの「今年(2010年)の人」に選ばれたそうです。


世界で最も人気あるSNS「Facebook(フェイスブック)」の話題が絶えなかった2010年も過ぎ、重い腰を上げて(ちょっと大げさですが・・・)Facebookの「いいね!ボタン」を設置することにしました。もう遅いか...。

ボタンが多すぎるのも何かと、Facebookの「いいね!ボタン」は設置することを躊躇していました。

Facebookの「いいね!ボタン」はTwitterボタンやmixiチェックなどと同じように良かったサイトなどをSNS内の友達と共有することが出来るボタンです。


Facebookの開発者ページ内Social plugins>Like Buttonから設置するボタンのコードを簡単に発行できます。私のブログでは下記にてコードを発行しました。

・URL to Like:空欄で大丈夫です。

・Layout Style:「button_count」を選択しました。

・Show Faces:チェックを外しました。

・Width:「100」にしました。

最後に「Get Code」ボタンを押すとコードが発行されます。iframe内のコードをメモ帳に貼り付けます。

<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=
http%3A%2F%2Fexample.com%2Fpage%2Fto%2Flike
&amp;layout=button_count&amp;show_faces=false&amp;width=100
&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;height=21"scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:100px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe>


MovableTypeの場合は赤字の部分を
<$MTEntryPermalink encode_url="1"$>
に入れ替えます。

ついでに青字を20にして、Twitterボタンと高さをあわせてみました。

<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=
<$MTEntryPermalink encode_url="1"$>
&amp;layout=button_count&amp;show_faces=false&amp;width=100
&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;height=20"scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:100px; height:20px;" allowTransparency="true"></iframe>


赤字の部分を入れ替えたコードを設置したい場所に埋め込み、再構築をして出来上がりです。



Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグ氏はTimeの「今年(2010年)の人」に選ばれたそうです。

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 元朝詣り・浄土庭園ライトアップ
  • mt-20171112190238.jpg
  • mt-20171006083002.jpg
  • 報恩寺(盛岡市那須川町)の五百羅漢
  • DSC03578
  • 明治記念館「旧岩谷堂共立病院」
  • 「由利高原鉄道鳥海山ろく線」(曲沢駅付近)
  • 五百羅漢(遠野市綾織町新里)

Powered by Movable Type 6.2.4