weblogeyecatch1.jpg

タグ「記念硬貨」の一覧


平成20年から造幣局で発行している"地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣"のプルーフ貨幣『青森県』Bセットが届きました。
千円銀貨は都道府県ごと100,000枚が発売され、希望が多い場合には抽選になります。その県の居住者は当選確率があがる仕組みになっています。

Bセットは単体セットと記念切手入り特製ケースになります。
gon101230 (2)


今回のデザインは『ねぶた・ねぷたとりんご』です。なかなかきれいです。
gon101230 (3)


平成22年で千円銀貨が当たったのは発売された6県のうち4県(青森県、岐阜県、愛知県、福井県)でした。

岐阜県は『長良川の鵜飼』でした。
gon101230 (5)


愛知県は『金鯱とカキツバタと渥美半島』でした。金ぴかです。
gon101230 (7)


福井県は『恐竜と東尋坊』でした。これがお気に入りです。 貨幣の絵柄に恐竜がデザインされるというのは世界初?ではないでしょうか。
gon101230


来年の後半は岩手県が発行されるので楽しみです。絵柄は『宮沢賢治』でしょうか?


平成20年から造幣局で発行している"地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣"のプルーフ貨幣『青森県』Bセットが届きました。
千円銀貨は都道府県ごと100,000枚が発売され、希望が多い場合には抽選になります。その県の居住者は当選確率があがる仕組みになっています。

Bセットは単体セットと記念切手入り特製ケースになります。
gon101230 (2)


今回のデザインは『ねぶた・ねぷたとりんご』です。なかなかきれいです。
gon101230 (3)


平成22年で千円銀貨が当たったのは発売された6県のうち4県(青森県、岐阜県、愛知県、福井県)でした。

岐阜県は『長良川の鵜飼』でした。
gon101230 (5)


愛知県は『金鯱とカキツバタと渥美半島』でした。金ぴかです。
gon101230 (7)


福井県は『恐竜と東尋坊』でした。これがお気に入りです。 貨幣の絵柄に恐竜がデザインされるというのは世界初?ではないでしょうか。
gon101230


来年の後半は岩手県が発行されるので楽しみです。絵柄は『宮沢賢治』でしょうか?


造幣局から、注文していた「2010年トルコにおける日本年プルーフ貨幣セット」が届きました。抽選で補欠当選とのことでしたが、ホームページを見るとまだ販売しているようです。

今年が日本トルコ友好120周年に当たることを記念して、トルコ造幣局が製造する"2010年トルコにおける日本年50トルコリラ記念銀貨幣"と日本の硬貨を組み込んだプルーフ貨幣のセットです。
gon101020-1 (4) 


プル-フ貨幣とは、「特殊な技術を用いて表面に光沢を持たせ、模様を鮮明に浮き出させた貨幣」です。

トルコリラ記念銀貨幣は、表面にエルトゥールル号、裏面にエルトゥールル号殉難将士慰霊碑がデザインされているそうですが、裏面は見てません・・・。
なお、このトルコリラ記念銀貨は収集目的で製造されたもので、トルコで実際に使うことはできないそうです。


まるで高価な本の様な外装です。
gon101020-1 (3) 
gon101020-1 (5) 



外装ケースがから取り出すと、立派なん内装ケースが出てきます。
gon101020-1

開けたところ。
gon101020-1 (2)


確か、トルコの方は親日家が多いと聞いたことがあります。それが、この銀貨に描かれているエルトゥールル号の遭難事件から始まったということのようです。


『エルトゥールル号遭難事件』
1890年9月16日、トルコ皇帝ハミル2世が日本に派遣した特使一行を乗せたエルトゥールル号が和歌山県串本沖で遭難して500名以上の犠牲者を出した事件です。
その事故の際に、地元の住民が救助と手厚い救護を行ったそうです。


造幣局から、注文していた「2010年トルコにおける日本年プルーフ貨幣セット」が届きました。抽選で補欠当選とのことでしたが、ホームページを見るとまだ販売しているようです。

今年が日本トルコ友好120周年に当たることを記念して、トルコ造幣局が製造する"2010年トルコにおける日本年50トルコリラ記念銀貨幣"と日本の硬貨を組み込んだプルーフ貨幣のセットです。
gon101020-1 (4) 


プル-フ貨幣とは、「特殊な技術を用いて表面に光沢を持たせ、模様を鮮明に浮き出させた貨幣」です。

トルコリラ記念銀貨幣は、表面にエルトゥールル号、裏面にエルトゥールル号殉難将士慰霊碑がデザインされているそうですが、裏面は見てません・・・。
なお、このトルコリラ記念銀貨は収集目的で製造されたもので、トルコで実際に使うことはできないそうです。


まるで高価な本の様な外装です。
gon101020-1 (3) 
gon101020-1 (5) 



外装ケースがから取り出すと、立派なん内装ケースが出てきます。
gon101020-1

開けたところ。
gon101020-1 (2)


確か、トルコの方は親日家が多いと聞いたことがあります。それが、この銀貨に描かれているエルトゥールル号の遭難事件から始まったということのようです。


『エルトゥールル号遭難事件』
1890年9月16日、トルコ皇帝ハミル2世が日本に派遣した特使一行を乗せたエルトゥールル号が和歌山県串本沖で遭難して500名以上の犠牲者を出した事件です。
その事故の際に、地元の住民が救助と手厚い救護を行ったそうです。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

  • 日本一のツツジの名所「徳仙丈山(気仙沼市)」
  • 風の沢ミュージアム
  • gon1803DSC06348
  • 準喫茶カガモク
  • 湯島天神拝殿
  • 2k540 AKI-OKA ARTISAN
  • 「スーパーブルーブラッドムーン」皆既月食
  • 元朝詣り・浄土庭園ライトアップ

Powered by Movable Type 6.2.4