weblogeyecatch1.jpg

タグ「雑誌」の一覧

豪華2大付録の「トラディショナル ウェザーウェア キルティングカードケース」と「PORTER(ポーター、吉田カバン)の特製ノート」に惹かれて、「Mono Max(モノ・マックス)2013年12月号」を買いました。
Mono Max(モノ・マックス)2013年12月号

続きを読む

Mono Max(モノ・マックス)2013年1月号を買いました。ブランドアイテム特別付録は創刊5周年記念号として「COACHのスペシャル万年筆」が付いてきます。
コーチのスペシャル万年筆

続きを読む

12月10日発売のMono Max(モノ・マックス)2013年1月号は創刊5周年記念号として、付録は「COACHのスペシャル万年筆」です。創刊5周年記念号とはいえ、付録に高級感のある万年筆がついてくるというのは見逃せません。
Mono Max (モノ・マックス) 2013年 01月号 [雑誌]

続きを読む

宝島社のMonoMax創刊4周年記念号(1月号)をコンビニで見かけました。雑誌がかなり膨らんでいるので付録を確認すると、「BEAMSノート付き多機能ホルダー」の文字とイメージ写真が目に飛び込んできました。見た瞬間、「欲しい!」と心の声が叫びました。しかし、本能に負けず、この時はぐっとこらえて我慢しました。
今日、本屋さんに行くと思い出してしまったのです。図書カードを持っていたこともあり、もう止められませんでした。
MonoMax(1月号)

続きを読む

宝島社のMonoMax創刊4周年記念号(1月号)をコンビニで見かけました。雑誌がかなり膨らんでいるので付録を確認すると、「BEAMSノート付き多機能ホルダー」の文字とイメージ写真が目に飛び込んできました。見た瞬間、「欲しい!」と心の声が叫びました。しかし、本能に負けず、この時はぐっとこらえて我慢しました。
今日、本屋さんに行くと思い出してしまったのです。図書カードを持っていたこともあり、もう止められませんでした。
MonoMax(1月号)

続きを読む

大人の科学マガジン別冊「テオ・ヤンセンのミニ・リノセロス =風を受けて歩く 生きているように歩く=」 (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)を購入しました。1月に発売された 大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook) に続く企画です。(以前の記事


gon110729 (2) 大人の科学マガジン別冊 テオ・ヤンセンのミニ・リノセロス (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

続きを読む

大人の科学マガジン別冊「テオ・ヤンセンのミニ・リノセロス =風を受けて歩く 生きているように歩く=」 (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)を購入しました。1月に発売された 大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook) に続く企画です。(以前の記事


gon110729 (2) 大人の科学マガジン別冊 テオ・ヤンセンのミニ・リノセロス (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

続きを読む

BE-PAL (ビーパル) とGoods Press (グッズプレス)の2011年07月号特別付録に惹かれて2冊同時に買ってしまいました。付録にかなり満足しましたが、記事の内容も充実していて得した気分です。

ビーパル、グッズプレス

続きを読む

BE-PAL (ビーパル) とGoods Press (グッズプレス)の2011年07月号特別付録に惹かれて2冊同時に買ってしまいました。付録にかなり満足しましたが、記事の内容も充実していて得した気分です。

ビーパル、グッズプレス

続きを読む


大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)

テオ・ヤンセン氏のストランドビーストのミニ版の付録が付いた「大人の科学マガジン(vol.30)=風を受けて歩く生命体をつくる=テオ・ヤンセンのミニビースト」を購入しました。

キネティックアート(動く芸術)の中でもストランドビーストは造形とその動きから群を抜いているそうです。ストランドビーストの生みの親であるテオ・ヤンセン氏はオランダ出身の芸術家で「鬼才」と呼ばれているそうです。 本物のストランドビーストは正に巨大生命体です。

この雑誌の「ミニビースト」は1時間30分もあれば完成します。私は1時間ちょっとで完成しました。比較的簡単にストランドビーストの世界が家で体験できてしまいます。


同じ形の部品を組み合わせて、右脚、左脚を作って行きます。
gon110123 (4)

脚の部品です。4種12個です。
gon110123 (5)

12個の脚が完成です。
gon110123 (6)

脚を動かすためのクランクシャフト、これにより12本の足がバラバラに動きます。
gon110123 (7)

脚の部分が完成です。この2つを縦に繋げます。
gon110123 (9)

縦に繋げたところ。ここまでくれば、ほぼ完成です。
gon11012333


プロペラを付けて完成です。
gon110123 (3)


動画。うちわで扇いで動かしました。生き物のように動きます。脚の動きが巧妙です。



こちらは学研のプロモーションビデオ。



雑誌を買うというより、100%付録を買うことに目的があります。動かしてみて、買う前に思っていた以上の精密さと動きに驚きました。そして、何故か癒されましたー。

外に持って行って、自然の風で動かしたいと思います。





大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)

テオ・ヤンセン氏のストランドビーストのミニ版の付録が付いた「大人の科学マガジン(vol.30)=風を受けて歩く生命体をつくる=テオ・ヤンセンのミニビースト」を購入しました。

キネティックアート(動く芸術)の中でもストランドビーストは造形とその動きから群を抜いているそうです。ストランドビーストの生みの親であるテオ・ヤンセン氏はオランダ出身の芸術家で「鬼才」と呼ばれているそうです。 本物のストランドビーストは正に巨大生命体です。

この雑誌の「ミニビースト」は1時間30分もあれば完成します。私は1時間ちょっとで完成しました。比較的簡単にストランドビーストの世界が家で体験できてしまいます。


同じ形の部品を組み合わせて、右脚、左脚を作って行きます。
gon110123 (4)

脚の部品です。4種12個です。
gon110123 (5)

12個の脚が完成です。
gon110123 (6)

脚を動かすためのクランクシャフト、これにより12本の足がバラバラに動きます。
gon110123 (7)

脚の部分が完成です。この2つを縦に繋げます。
gon110123 (9)

縦に繋げたところ。ここまでくれば、ほぼ完成です。
gon11012333


プロペラを付けて完成です。
gon110123 (3)


動画。うちわで扇いで動かしました。生き物のように動きます。脚の動きが巧妙です。



こちらは学研のプロモーションビデオ。



雑誌を買うというより、100%付録を買うことに目的があります。動かしてみて、買う前に思っていた以上の精密さと動きに驚きました。そして、何故か癒されましたー。

外に持って行って、自然の風で動かしたいと思います。






週刊ダイヤモンドの「アキバ変態」の文字に目がとまり、近所の本屋さんに行った。ところが、売り切れ。さすがにインパクトのあるタイトルだけに売れてしまったのだろうか。



やっぱりインパクト抜群。


売り切れだと、ますます欲しくなってしまった。楽天ブックスが送料無料なので注文しようかな。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

  • 日本一のツツジの名所「徳仙丈山(気仙沼市)」
  • 風の沢ミュージアム
  • gon1803DSC06348
  • 準喫茶カガモク
  • 湯島天神拝殿
  • 2k540 AKI-OKA ARTISAN
  • 「スーパーブルーブラッドムーン」皆既月食
  • 元朝詣り・浄土庭園ライトアップ

Powered by Movable Type 6.2.4