weblogeyecatch1.jpg

タグ「散歩」の一覧

七福神のご利益を祈願して、日本橋七福神を巡りました。七福神ですが、8つの神社を巡るのが日本橋七福神めぐりです。比較的距離が短く、短時間で巡ることができ、神社だけを巡るのが特徴とのことです。通常は1時間程度に巡れるようですが、色々と寄り道をしました。地図は最後に紹介します。
小網神社

続きを読む

日本橋の三越本店と三井本館は歴史的な建造物として立ち並んでいます。江戸時代の呉服店(ごふくだな)「越後屋」が起源です。
江戸時代、現在の三越本店と三井本館の位置には「越後屋」があり、井桁が三の字を囲むの暖簾が、道を挟んで向かい合っていたようです。
三越本店と三井本館

続きを読む

日本橋の三越本店と三井本館は歴史的な建造物として立ち並んでいます。江戸時代の呉服店(ごふくだな)「越後屋」が起源です。
江戸時代、現在の三越本店と三井本館の位置には「越後屋」があり、井桁が三の字を囲むの暖簾が、道を挟んで向かい合っていたようです。
三越本店と三井本館

続きを読む

東京前編(上野・浅草・銀座)に続き、後編では文京区(湯島、本郷、小石川)を巡ります。地図は最後に紹介します。
今年は石川啄木が26歳の若さで亡くなってから100年となります。石川啄木没後百年記念事業が各地で開催されるようです。特に出身地である岩手県盛岡市では実行委員会を立ち上げ、各種記念事業が計画されています。 
 旧蓋平館

 

続きを読む

東京前編(上野・浅草・銀座)に続き、後編では文京区(湯島、本郷、小石川)を巡ります。地図は最後に紹介します。
今年は石川啄木が26歳の若さで亡くなってから100年となります。石川啄木没後百年記念事業が各地で開催されるようです。特に出身地である岩手県盛岡市では実行委員会を立ち上げ、各種記念事業が計画されています。 
 旧蓋平館

 

続きを読む

東京にある石川啄木ゆかりの地を巡ってみました。前編は上野・浅草・銀座です。後編では文京区(湯島、本郷、小石川)を巡ります。地図は最後に紹介します。
今年は石川啄木が27歳の若さで亡くなってから100年となります。石川啄木没後百年記念事業が各地で開催されるようです。特に出身地である岩手県盛岡市では実行委員会を立ち上げ、各種記念事業が計画されています。
上野駅石川啄木歌碑


続きを読む

東京にある石川啄木ゆかりの地を巡ってみました。前編は上野・浅草・銀座です。後編では文京区(湯島、本郷、小石川)を巡ります。地図は最後に紹介します。
今年は石川啄木が27歳の若さで亡くなってから100年となります。石川啄木没後百年記念事業が各地で開催されるようです。特に出身地である岩手県盛岡市では実行委員会を立ち上げ、各種記念事業が計画されています。
上野駅石川啄木歌碑


続きを読む

春日通り沿いにそびえ立つ「文京シビックセンター」は文京区役所本庁舎が入るビルです。
地上28階、地下4階、高さ142mのビルに区役所が入っています。25階には展望ラウンジと展望レストラン(シビックスカイレストラン椿山荘)があり、誰でも利用することができます。
文京シビックセンターの真下をのぞく 

続きを読む

春日通り沿いにそびえ立つ「文京シビックセンター」は文京区役所本庁舎が入るビルです。
地上28階、地下4階、高さ142mのビルに区役所が入っています。25階には展望ラウンジと展望レストラン(シビックスカイレストラン椿山荘)があり、誰でも利用することができます。
文京シビックセンターの真下をのぞく 

続きを読む

文京区小石川にある「常光山 向西院 源覚寺(げんかくじ)」は眼病平癒の「こんにゃくえんま」として知られる寺院です。寛永元年(1624)、定誉随波上人により現在地に開創されました。
こんにゃくえんま「源覚寺」

続きを読む

文京区小石川にある「常光山 向西院 源覚寺(げんかくじ)」は眼病平癒の「こんにゃくえんま」として知られる寺院です。寛永元年(1624)、定誉随波上人により現在地に開創されました。
こんにゃくえんま「源覚寺」

続きを読む

文京区湯島にある「天澤山 麟祥院(りんしょういん)」には春日局のお墓があります。三代将軍家光の乳母であった春日局の隠棲所として、寛永元年(1624)に創建された寺院です。はじめは「報恩山 天澤寺」と言ったそうです。
麟祥院山門

続きを読む

文京区湯島にある「天澤山 麟祥院(りんしょういん)」には春日局のお墓があります。三代将軍家光の乳母であった春日局の隠棲所として、寛永元年(1624)に創建された寺院です。はじめは「報恩山 天澤寺」と言ったそうです。
麟祥院山門

続きを読む

日本橋まで来たので、かなり久しぶりに「日本橋」を歩いて渡ってみました。
日本橋川に架かる「日本橋」には日本国道路元標があります。江戸時代、五街道の起点でもありました。橋の造形美と青銅装飾が素晴らしい橋です。現在の石造二連アーチ橋は明治44年に完成しました。関東大震災、戦災に耐え抜いてきました。
gon120208 (35)

続きを読む

日本橋まで来たので、かなり久しぶりに「日本橋」を歩いて渡ってみました。
日本橋川に架かる「日本橋」には日本国道路元標があります。江戸時代、五街道の起点でもありました。橋の造形美と青銅装飾が素晴らしい橋です。現在の石造二連アーチ橋は明治44年に完成しました。関東大震災、戦災に耐え抜いてきました。
gon120208 (35)

続きを読む

日本橋小網町にある東京八社福参りのひとつ「小網神社」に行ってきました。「強運厄除の神様」として有名な神社です。関東大震災や第二次世界大戦に係わる由緒から、強運厄除けのパワースポットとして崇められるようになったようです。 強運厄除と御福銭のお守りをいただいてきました。
小網神社

続きを読む

日本橋小網町にある東京八社福参りのひとつ「小網神社」に行ってきました。「強運厄除の神様」として有名な神社です。関東大震災や第二次世界大戦に係わる由緒から、強運厄除けのパワースポットとして崇められるようになったようです。 強運厄除と御福銭のお守りをいただいてきました。
小網神社

続きを読む

仙台といえば、まずはじめに思い浮かぶのが「広瀬川」に「伊達政宗」です。正月明けの寒風の中、仙台の広瀬川河畔を中心に散策してみました。 マップは最後に紹介します。
 広瀬川

続きを読む

仙台といえば、まずはじめに思い浮かぶのが「広瀬川」に「伊達政宗」です。正月明けの寒風の中、仙台の広瀬川河畔を中心に散策してみました。 マップは最後に紹介します。
 広瀬川

続きを読む

下町散歩の殿堂ともいうべき谷根千(谷中、根津、千駄木)を紹介します。このエリアは12、3年前に散策して以来です。当時は「谷根千」という言葉はありませんでしたが、 久しぶり谷中、根津、千駄木を堪能しました。 (マップは最後に紹介します)
休日でしたので、カメラをぶら下げた人たちが多く歩いていました。さすがに下町散歩の人気エリアです。
谷根千には 戦災を免れた古い建物が多く現存しています。 本郷台地などの地形を体感できる場所も多くあります。
谷根千の象徴 夕焼けだんだんから谷中ぎんざ

続きを読む

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

  • 日本一のツツジの名所「徳仙丈山(気仙沼市)」
  • 風の沢ミュージアム
  • gon1803DSC06348
  • 準喫茶カガモク
  • 湯島天神拝殿
  • 2k540 AKI-OKA ARTISAN
  • 「スーパーブルーブラッドムーン」皆既月食
  • 元朝詣り・浄土庭園ライトアップ

Powered by Movable Type 6.2.4